何をしたらいいの?

結婚式まであと○日

結婚式の準備

結婚式の招待状はいつ出すの?

投稿日:

招待状は大体2カ月から3カ月以内に送る

ある程度の身内や会社の同僚・上司、そして近しい友人であれば、招待状を送る前から結婚式の日取りについての話はしているもの。招待状を送るのは、正式な手順としての招待といったところ。

では、招待状はいつ頃送られているのか?
一般的には、挙式前の2カ月~3ヵ月未満の間に送ることが多いようです。また、式場の方でも、このくらいに時期に招待状を発送できるように想定し、準備を進めていることがほとんど。半年などの早い時期ではゲストの予定もはっきりとはつかめないので、挙式近くになって「やっぱりいけない!」なんて人がでやすくなってしまします。2カ月~3ヵ月未満であれば、まだなんとか予定がたてやすく、挙式近くになってドタキャンする確率も少ないのです。

招待状には返信はがきがセットになっていますが、その返信期限としては投函後1カ月以内に設定されています。ですから、出席するかしないかがはっきりわかりるのは、挙式1~2カ月前ほどとなります。

急な時は事前確認、一筆添えると安心

転勤などの仕事の都合などで、急に式を挙げなくてはいけなくなった場合、短い時間で準備しなければいけないので大変。もちろん、招かれるゲストも予定を開けないといけないのでちょっと大変。

こうした急ピッチで挙式の準備をおこなう事になった場合は、招待状を送る前に出欠の確認を取っておいた方がいいでしょう。「急なんだけど…」といった感じで、結婚式の日程や、招待状を送る事、早急に変身してほしいことをお願いしておきましょう。事前にわかっていると、いくらか安心するものです。

ちなみに、招待状には、「お近いお日にちで恐縮ながら ○○日までにご返信賜りますと幸いです」といったように書き添えておくといいです。目上の方などにより丁寧にするのであれば、「急なことで申し訳ございません」と、招待状とは別に一筆箋を添えると丁寧な印象を受けます。

招待状の確認は念入りに!

招待状は、挙式場の方で準備してくれるのと、すべて自分たちでやるかのどちらかになります。どっちでやるにしても、ゲストの住所と名前を間違わないように、細心の注意を払っておこないましょう。

名前の漢字間違い、住所表記が変更になっている…など、思わぬヘマをやらかしては大変。時期も近いですから、人数の最終チェックが遅れると、後の席次などの決定にも影響を及ぼすことになります。
特に式場に任せる場合はやり直しがききにくくなります。自分たちでなら予備として数枚残し、いつでも作り直しができるようにすることができますが、業者に頼んだ場合は難しいですから、より入念にチェックする必要があります。

-結婚式の準備

Copyright© 結婚式まであと○日 , 2017 AllRights Reserved.